モータドライバ基板(2015年モデル)出来ました。

サックリとプロトタイプを創れるところが魅力でArduinoばかり弄っておりますので、新作モータドライバはArduinoSheildの形にしました。

2006年頃から自作モータドライバ基板の設計を始めて今年で10年目、節目となる年にふさわしいようなチャレンジを、と思いフルNch MOS-FETによるフルHブリッジ回路を組むことに。
生産技術の進歩(ホットプレートを用いたリフロ半田)や、半導体技術の進歩もあって至ってシンプルな構成で実現することができました。

禁止入力の処理やリミットスイッチの処理、デッドタイムの生成といったリアルタイム性が求められる処理はPICマイコンで実施し、高度な制御はArduinoで実施する、というコンセプトです。