GitHubのDeveloper Plan($7/mo)を契約した。

VPSでプライベートなGitリポジトリを運用しておりますが、運用にかかる手間を考えるとGitHubのようなSaaSが理想的だと思うようになりました。
※運用していたウェブログを、MovableTypeやWordPressからはてなブログに移行したのもそういった考え方によります。

費用面で考えても「さくらのVPS 1G(972円/月) + Zenlogic プランS(890円/月)」で1,862円/月が掛かっておりますので、GitHub Developer Planの$7/mo($1=120円換算で840円/月)は魅力的な価格だと思います。
※Zenlogicはバックアップ用サーバとして利用しております。

唯一の懸案事項はGitHubで利用可能なストレージ容量ですが、Git LFSを活用することで対応したいと思います。
※Git LFSは1GBまで無料、data packを購入($5/mo)することで50GBずつ増やすことが可能なようです。

なお、既存のリポジトリは以下のように移行しました。

SSHの鍵を生成してid_rsa.pubの内容をGitHubに登録します。

$ cd
$ cd .ssh
$ ssh-keygen -t rsa -b 4096
$ cat id_rsa.pub

git pushコマンドでGitHubにデータを移行します。

$ cd /git/<リポジトリ名>.git
$ git push --mirror git@github.com:<ユーザID>/<リポジトリ名>.git